授業のゆめ

学生の夢だったと思いますが、昼ごはんにどん兵衛と生卵三つと生の鶏もも肉2パックを買って教室に戻りました。

後で全部入れて煮込んで食べようと思いながら授業がはじまります。

黒板に書かれたのはキャラクターについてのことで、アニメやゲームなどのキャラクターで、似たものを書き出して、その特徴をまとめましょうというものでした。

いくつものキャラクターが頭に浮かんだのですが、特徴を書き出すところで詰まってしまいます。

そうこうしているうちに夢が終わりました

飲み会の話とか

夢の中で、最初はガンプラの接続部分にあるとがった部分と穴の話をしていたと思いますが、その途中から飲み会の話になって、飲み会の場所に移動していきました。

最初はビールを頼むべきだろうと考えてあるいていると、途中で山に生えた木の話になって、それをアカメガシワのことだと指摘すると、どうしてそんな名前知っていたんだ? といわれました。

国語の教科書で読んだことがあると答えながら道を歩き、途中でミカンの映像が流れ、腐ったうえ部分を切り落として洗い流すと、ジュースが全部出てしまってもったいないと思いながら、あるいていると、他の人が自転車でサッとおいぬいていきました。

印刷ミスの紙幣

夢の中で食玩を三つ購入し、その代金を支払う際に、優生証明という何かの提示を求められ、そこにサインをしていました。

それから財布の中にあった紙幣の束を取り出したのですが、その多くが印刷ミスで白紙のままの紙幣でした。

裏面がなかったり、中央だけ真っ白だったりで、お店の人には「これはうちじゃ使えないから銀行に持っていきなさい」と言われて、印字がしっかりしている紙幣で支払いを終えました。

そのあとマックに立ち寄ると、ポテトが40円で持ち帰りのピクニックセットみたいな名前の物が売られていて、女子高生が列を作っていました。

けもフレのすごろく

夢の中でけもフレのすごろくゲームをやっていました。

人生ゲームではなく、桃鉄に近いものだったと思いますが、マスのいくつかにかばんちゃんのマークがあり、その増す全てに止まると自分のコマがじゃぱりバスに変化していました。

釣り

海で釣りをしている夢を見ました。

餌は適当にそこらの虫をつけて、糸と針だけを手にもって投げ入れていました。

一匹だけカツオがつれて、それから二匹目をつろうとしていたら、海岸にはたくさんの人がいました。

人を避けて釣りをしようとすると、今度は上手く針が飛ばず、糸は絡まるし、背中に針が引っ付いたりと、散々でした。

海岸にいた人たちはみんな優しく、私につりを教えてくれようとしていましたが、上手くいかないので道路に上がって、待たせている兄のほうに行きました。

兄はバーベキューセットのような物で魚を煮ていました。

弟がいたら一緒に“御所沼”というところで釣りをしようと思ってたのに……と言っていました。きいたことの無い地名だけど、そこが池だということはなんとなくわかりました。